シニア

重労働をしなくても良い|業者に依頼する遺品整理

気をつけることと流れ

ダンボール

賃貸や遺言書は気をつける

兵庫県などで遺品整理を行う時、いつまでにしなければならないなどの法律はなく基本的に遺族が葬儀後に心の整理がついたら始めてよいものです。しかし故人が兵庫県の賃貸物件に住んでいた場合は、早めに遺品整理をし解約手続を行わなければ無駄に家賃などが発生してしまいます。他にも遺言書が存在するときなどは注意が必要で、法律上遺言書が封印されているときは勝手に見ることはできません。封印されているときは家庭裁判所において、相続人が立ち会っているところで開封することが法律で決まっています。勝手に開けてしまったり故意に書き換えたり、捨ててしまうと5万円以下の罰金か相続権利を無くしてしまいます。

大中小と分別していく

兵庫県などで遺品整理を自分達で行う場合、ある程度の流れを知っておく安心です。遺族や親族で不満が出ないように、なるべく都合を合わせて兵庫県で一緒に行い無理なときは、こまめに連絡をしながら行うことが重要です。遺品整理には大きく分けると宝飾品や証券などの貴重品や手帳など個人情報に関するもの、お店や友人などから借りてきた品、アルバムなどの個人の思い出に関するものなどがあります。これらを分ける中で取っておくものと処分するものを分けていき、あとは大きさとゴミの処分方法によって分別していきます。持ち運びが可能な小さなものは袋などに入れて中くらいのものは段ボールに分けて入れていき、あとから分かるようにマジックなどで品名を書いていきます。そして大型の本棚や家具などは後回しにして中身だけ分けていきます。最後にリサイクルや処分をしていきます。